オヤボン 親の人生を一冊の本に 自分史作成サービス

トップページに戻る

明るい終活のために、エンディングノートを兼ねた自分史を作ろう

終活はもはやマストなイベントに?

終活やエンディングノートという言葉がポピュラーになってからずいぶん経ちますが、皆さんはその意味を把握しているでしょうか。
終活とは、人生の終わりを意識してさまざまな事前の準備をすることです。そしてエンディングノートとは、死後遺族が色々な手続きをする際に必要な情報を記した、ノートやメモを指します。

エンディングノートを作ることは終活の一部分ですが、これは遺族のためだけではありません。
終活を行うご本人が来たるべき終わりに対して身辺整理をすることで、自分自身にフォーカスすることにも役に立つのです。
こうした身辺整理をする人は昔からいたとは言え、現在のように終活が「皆がやった方が良い」イメージになったのはここ数年かもしれません。

終活と言えば相続が思い浮かびますが、不動産や金融資産を持っている人はもちろん別途公正証書を作るべき。
そして終活の付帯情報としてエンディングノートに口座情報などをまとめておいてくれると、遺族はとても助かるもの。
エンディングノートにはこうした覚書的な面も期待できますが、もしものことがあった場合連絡する相手を記入するページもあり、人間関係を見直すこともできます。
エンディングノートによっては年表を含むものもあり、今までの自分を改めて知ることが期待できそうです。

エンディングノートに自分史をプラスするメリットとは

ところで、皆さんのいだく終活のイメージとはどのようなものですか?
たまった本や衣類などを処分する、整理整頓のイメージ。
残された家族が困らないよう、エンディングノートに口座情報や財産目録を載せ、相続に関する情報を準備するイメージ。
または、病気になった際の延命治療の要不要や、自分のお葬式やお墓の希望をエンディングノート上で事細かに伝えるといったイメージが浮かぶかと思います。

このようにエンディングノートは確かに役に立つ存在ですが、作って欲しいと家族が思っていても、まだ生きているのに死ぬ準備をしろと言われているようだと感じて、反発を覚えるシニアもいることでしょう。
そこで注目したいのが、エンディングノートにプラスする資料として、自分史を作ること。
楽しかった思い出や苦労した出来事など、印象的なエピソードを綴ることで人生を振り返ることができ、自然とそれが終活へとつながるというわけです。

雑誌タイプの自分史「オヤボン」なら、写真もふんだんに取り入れて見やすく、手に取りやすい自分史を作ることができます。
自分史を作ると同時にエンディングノートも作ってもらえば、シニアの気持ちに配慮された終活が行えるはず。
スムーズな終活の流れを作るためにも、親御さんの歴史本として、「オヤボン」をプレゼントしてみてはいかがでしょう?

自分史をエンディングノートとして活用しよう

自分史とエンディングノートを終活で同時進行させるメリットは、節目節目の思い出の大切さを噛みしめると共に、エンディングノートに載せるべきことを確認できる点です。
記憶と共に蘇った情報も整理しエンディングノートに記入すれば、皆があとあと困らないための終活準備も万全に。
それは大切な家族や友人など、世話になった人達への感謝の気持ちにもつながっていくことでしょう。

こうしたエンディングノートを、家族に頼まれずとも自ら率先して作る方も。
エンディングノートを作ることで、死に対する恐怖が薄らぐというのが理由のようです。
終活を進めると、死を忌み嫌うのではなく正面から見つめることで、より穏やかな気持ちになれることが期待できるかもしれません。
自分史を作ることが、今までの人生を肯定的にとらえることにつながり、心が平安になることのお手伝いができれば、「オヤボン」事務局スタッフ一同本望です。

自分史を作ることで、より質の高い終活を

自分史を作ることは、今や学生や就活中の新卒者もしているほどポピュラーな行為となりつつあります。
しかし元々はシニアが終活を意識しだしたタイミングで作っていたものなので、エンディングノートに比べ自分史はもっとビビッドな内容であり、歴史本に近い物かもしれません。

親御さんにエンディングノートを作ってもらうには、まず自分史を作ってあげ、今までの人生を肯定的にとらえる目を持ってもらいましょう。
あの時家を購入したからそれが資産となって残っている、若い時からきちんと働き続けてきたから金融資産も貯まっているなど、家族がその人の歴史を一緒に確認することで、感謝の念も深くなるはずです。
ぜひエンディングノートと共に自分史を活用して、質の高い終活を目指してみませんか?

  • twitter
  • facebook
  • line
親の本作成のお問い合わせ