オヤボン 親の人生を一冊の本に 自分史作成サービス

トップページに戻る

【第1話】60代後半 男性 東京都在住I氏の巻③

※こちらの編集秘話はシリーズ第1回-③となります。
①②がまだの方はこちらへ
【第1話】60代後半 男性 東京都在住I氏の巻①
【第1話】60代後半 男性 東京都在住I氏の巻②

よく働き、よく遊ぶ

さて。
取材を終えたら、次は記事の執筆です。
インタビューで聞き取った内容をもとに、I氏の半生を改めて振り返って行く作業からスタート。
話し言葉を文章に置き換えて書き留めながら、物語の軸となりそうな大きな出来事を見つけて行きます。

上京してから働きづくめだったこと、そして、大好きなお酒や麻雀、ゴルフなど仲間と過ごす時間も大切にしてきた様子から、
「よく働き、よく遊ぶ」をモットーに全力疾走なさってきた姿を思い浮かべ、それを軸にしようと決めました。

そうして、録音した会話を文字に起こし、何度か推敲を重ねて本文記事を書き上げるのですが、24ページ仕立てのプレミアム版では約6-7000文字程度と、なかなかのボリューム。
全体の枠組みは三部構成にし、第一部が生い立ち、第二部が現在に至るまで、第三部が現在とこれからのこと、というのが基本形です。

写真にこだわりを見せるI氏

本文が出来上がったら、次が写真の選定。
ご用意していただいたものの中から、それぞれの時代背景にあった画像を選んで、紙面にレイアウトしていきます。

I氏と息子さんがそれぞれご用意してくれたのは、意外にもご家族写真がほとんど。
家族よりも仕事が優先だったと言って見せるものの、言葉とは裏腹に、ご家族孝行な実像が浮かび上がってきました。

一通りレイアウトが出来上がったら、紙面内容をご確認いただきます。

文章に関しては、ほとんど修正の入らなかったI氏ですが、写真の選定に関しては意外と細かいリクエストがありました。
こだわる箇所によって、皆様の個性が分かる場面でもあり、制作の醍醐味とも言えます。

つづく…

  • twitter
  • facebook
  • line
親の本作成のお問い合わせ