オヤボン 親の人生を一冊の本に 自分史作成サービス

トップページに戻る

70歳の古希祝いには何をあげる? オリジナル自分史ならステキなプレゼントに

古希の意味とその由来を知っておこう

還暦祝いという言葉はよく耳にすることと思いますが、では古希祝いとはいったいいくつになったお祝いのことを指すのでしょうか?
若い人だと古希祝いは聞き慣れない言葉かと思いますし、今一つなじみがないと思う人も多いかもしれませんが、年を重ねた人への尊敬の念を高め、プレゼントなどでその気持ちを表すためにも古希祝いの意味を学んでおきましょう。

古希とは数え年で70歳を迎える人のお祝いで、中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節に由来します。
その詩とは「人生七十古来稀なり」というもので、古来から70歳まで生きる人は稀(希も同じく「まれ」という意味の漢字)であり、あまりいないものであるという意味になります。
昔は寿命が短かったため、70歳まで生きて古希祝いを迎えることができた人は、かなりの長生きということだったのでしょう。

現代では寿命が延びたため、古希祝いを迎えるまで生きている人がまれだという感覚は既に風化していますが、プレゼントを贈ってお祝いする気持ちは同じ。
70歳まで生きてきてくれたことを感謝し、親御さんや親戚のおじさんおばさん、お世話になった先生や先輩の古希祝いプレゼントを、ぜひ企画してあげて下さい。

古希に身につける色を知って、その意味に思いを馳せる

還暦祝いに赤いものをプレゼントしたという話はよく聞くことかと思います。
これは還暦に赤いちゃんちゃんこをプレゼントして着せる風習があったためで、なぜかというと還暦は暦が一巡して、いわば生まれ直すのと同意義に考えられてきたことに由来。
そのため赤ちゃんの死亡率が高かった時代に、魔除けになるとされていた赤い色のちゃんちゃんこをプレゼントするのです。
そのプレゼントで生まれ直したような気持ちとなり、その後の人生を充実して過ごすという姿勢にもつながることでしょう。

古希祝いの場合は赤ではなく、紫のものを身につけると良いとされています。
これは紫も赤同様に、魔除けの効果があるとされていたため。
その上、紫は昔から王族や貴族など、高貴な身分の人々が身につけた色。
70歳まで生きることが稀なことだった昔は、長生きしている人に対しての尊敬の念もひときわ強かったのでしょう。
そのため年齢を重ねた人を敬う気持ちから、古希祝いで紫のものをプレゼントすることにつながっていったようです。

長寿のお祝い、どんな点に気をつけるべき?

とはいえ現代では女性の平均寿命が87歳を、男性も80歳を越え、これからも延び続けそうな勢いです。
それを考えると、健康なシニアであれば古希祝いを迎えてもまだまだ現役感たっぷり。
仲間と趣味に没頭する人も多く、スポーツに精を出す人も多いことでしょうから、一律に老人であると決めつけてしまうのは失礼にあたりますし、実際70歳の人のマインドは昔とは比べ物にならないほど若くなっています。

ですので古希祝いのプレゼントを贈る際も、あまりシニア向け過ぎるプレゼントはNG。
紫が古希祝いの色だからと、その人の好みを無視して紫の小物をプレゼントすることは、現代ではあまり喜ばれないことかもしれません。
ではお年寄り扱いせずに、かつ年輪を重ねた人へのリスペクトも感じられるプレゼントを贈りたい場合、どうしたら良いでしょうか。

古希を迎えることで自分史をまとめる

その答えの一つが、古希祝いを迎えたシニアに自分史をプレゼントするというものです。
自分史ならば就職活動にも使われているほどなので、もはやシニア向けのみとは言えない存在で、節目にあたり自分の人生を振り返るためのツールとして広く使われています。
そしてアクティブなシニアなら、人生において自分のしてきたこと、そして今も充実していることを人に知って欲しいという希望もあるはずなのです。

そしてマインドの若いシニアだと、重々しい本タイプの自分史に抵抗感を覚える人もいるかもしれません。
ところが雑誌タイプの自分史「オヤボン」なら、軽やかな感覚で楽しんでページをめくってもらえることでしょう。
しかもビジュアルも美しいので、シニアのご友人や知人に配ってもおしゃれだとお褒めの言葉を頂け、古希祝いをプレゼントしたあなたの株もぐっと上がるはず。

しかしまだまだ自分は若いと思っているシニアも、誕生日や仕事からのリタイアなどの節目を迎えれば、人生に対してもの思うことが多くなってくるのでは。
自分史を作るメリットには、人生を振り返るだけではなくそれを整理することで、様々な選択をしてきたから今があるという、自己肯定感をアップさせる効果を生み出すこともあるのです。
アクティブなシニアを応援するためにも、ぜひ古希祝いのプレゼントとして、自分史を贈ってみませんか?

  • twitter
  • facebook
  • line
親の本作成のお問い合わせ