オヤボン 親の人生を一冊の本に 自分史作成サービス

トップページに戻る

長寿祝いに自分史をプレゼント! オンリーワンの人生を振り返ろう

あなたの身近なシニアに長寿祝いのプレゼントを

親御さんや恩師、世話になった先輩など、あなたの身近にいるシニアが年齢的に節目を迎える時、長寿祝いのプレゼントをあげようという気持ちが自然に生まれるのではないでしょうか。
長寿祝いというと当のご本人を囲んでの食事会、温泉旅行などが浮かびますが、もっと何か記念になるものを…とプレゼントを探している人も多いことでしょう。

名前入りの革小物、ちょっと贅沢な食器やアクセサリーなど、長寿祝い向けに気の利いたプレゼントは世の中にたくさんありますが、もっとオンリーワンの、レアなプレゼントはないのでしょうか?
人生の節目を迎えたシニアへの感謝を伝えるためにも、オリジナリティ溢れるプレゼントを贈って、長寿祝いをしてあげたいものです。

古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿…長寿祝いについて知っておこう

さて、あなたの周囲にいるシニアの長寿祝いプレゼントに際して、どのような意味があるのかも知るために、長寿祝いの種類を知っておきましょう。
これらの長寿祝いは以前は数え年での年齢をあてはめていましたが、近年では満年齢を基準にする例も多いようです。

まずは70歳台で迎える長寿祝いをご紹介します。
中国の唐の詩人である杜甫の詩で、70歳まで生きている人はなかなかいないという内容に由来する古希は、70歳で迎える長寿祝いです。
今でこそ延びている平均寿命ですが、昔々は70歳というと銀製品のような高価なプレゼントをするのにふさわしく、相当な長生きととらえられていたよう。
次に来るのが77歳で迎える喜寿で、喜ぶという漢字を草書体で書くと七という字が3つ重なって見え、77を表すということからきています。

続いて80歳台で迎える長寿祝いですが、80歳で迎える傘寿は、傘という漢字が八と十からできているという由来があります。
88歳になると今度は米寿となり、米という漢字をバラバラにすると八・十・八となることに由来しているので、これまたビジュアル的にイメージしやすいお祝いです。
プレゼントの前に学んでおくと、リスペクトの念も強くなるかも!

更に年を重ねて90歳台となると、90歳で卒寿という長寿祝いがあります。
卒という字の略した漢字「卆」が、縦に九と十という字が重なって見えるので、90歳という意味をあてはめているのです。
99歳になると白寿という長寿祝いがありますが、百という漢字から上にある一を取り去ると、白という漢字になることからきています。
それぞれの長寿祝いの由来を知ると、なかなか興味深いものがありますね。

長寿祝いを機に、かけがえのない人生を振り返る

現代では寿命も仕事人生も延びているため、60歳の還暦祝いの時点では、まだ仕事を続投している人も少なくありません。
そのため長寿祝いなどと言われると、まだまだ老人ではないと反発を覚えてしまう人もいるかもしれないことに気をつけましょう。
そのような感覚の若いシニアには、70歳の古希になってから長寿祝いをしてあげた方が、気持ちよく受け取ってくれる可能性があります。

自身をまだ若いと思っているシニアは、なかなか人生を振り返る気持ちにはなれないもの。
しかし古希ともなれば仕事から離れる人も増えてくるので、そのような気持ちや時間的ゆとりもだんだんと生まれます。
古希などの長寿祝いを節目とすることで、どのような人生だったかを思い起こしてもらい、それを自分史にまとめてプレゼントすれば、喜ばれるのではないでしょうか。

自分史でオンリーワンの人生を肯定するお手伝い

自分史というと、自分史の主人公であるご本人が作って配ることが長い間主流だったかと思います。
しかし最近は自分史作成をプレゼントして、長寿祝いをすることに注目が集まっています。
ではなぜ、自分史が長寿祝いのプレゼントに適しているのでしょうか?
それは自分史を作ることで人生を振り返ることになり、良いことも悪いこともあったから今があるという、人生を肯定する姿勢につながるからです。

自分史といっても重厚なものだと作る側もプレゼントされる側も構えてしまいそうですが、もっとライトな印象の雑誌タイプの自分史、「オヤボン」はいかがでしょうか。
「オヤボン」のメリットは、雑誌型のデザインなので明るい印象で、写真もフィーチャーされてデザインが見やすいこと。
しかも自分が執筆する必要はなく、スタッフがインタビューした内容をまとめて編集してくれるので、主人公であるシニアご自身は思い出を語り、写真を用意して頂くだけ。

これならばシニア側に負担がかからないので、プレゼントする方もされる方もハッピーな自分史作りが楽しめます。
自分史作成により自己肯定感が生まれ、その後の生活も前向きに、能動的に過ごしてもらえたらうれしいですね。
古希から始まる長寿祝いにはぜひ自分史をプレゼントして、人生の振り返りをお手伝いしてみましょう。

  • twitter
  • facebook
  • line
親の本作成のお問い合わせ